LINK

いざ「そろそろ長期保有した通貨を売るか」と思っても、買った時よりも大幅に価格が下がっていて、 「今売ったら損してしまう!」という状況に直面してしまう事もあるでしょう。秘密の通学電車

しかし、人生とは何が起こるか分かりません。ジギング

急遽お金が必要になってしまい、損だとしても売ってお金に換えなくてはならない場合もあるかもしれません。美容

そういった時の対策としてリスクを分散する必要があります。俺得修学旅行43話

さて、投資においてリスクを分散するというのは、どういった行為を指すのでしょうか。アトピー 治療

例えば、通貨Aが暴落した場合、通貨Bは価値はどうなるのでしょうか。アルピナ 口コミ

成果を言ってしまうと「わかりません」。

それぞれの通貨の価値は、別々の動きをするので通貨Aが暴落しても、 通貨Bは価値が変わらなかったり上がったりします。

何が言いたいのかと言うと、 「複数の通貨と取引をする事で一部が通貨の暴落しても被害が少なくできる」という事です。

長期保有をする場合、複数の通貨を保有して緊急時のリスクの分散に努めましょう。

次回記事では、リスク分散の為の通貨選びについて書きます。